電子書籍を利用して誰でも作家デビューが可能に

Posted by | Filed under デジタル関連 | 11月 13, 2013 | No Comments

一昔前までは、素人が作家デビューするとなると膨大な費用と手間が必要でした。自費出版だと最低でも300万程度必要でしたし、出版までこぎつけたと言っても本屋に並ぶまでの手間、そしてたとえ本屋に並んだとしても売れるという保証は全くありません。一時期は、自費出版詐欺といったものも流行りましたし、苦労が報われないことも多かったのです。

しかし、電子書籍の普及が進んだことで、一般の人であっても低リスクで作家デビューすることが可能になってきました。電子書籍で出版するメリットは、何といっても低コストであることです。紙媒体に比べてデータのやり取りですから出版にかかる費用はほとんど必要ありません。

そして、もう一つのメリットが電子書籍を見れる環境なら全世界がターゲットになることです。電子書籍の出版をサポートしてくれるサービスを利用すれば、大手の電子書籍販売サイトに掲載されますから、多くの人の目に触れる可能性が高いです。従来の紙媒体の書籍出版のように、ひっそりと本屋の片隅で人々の目に留まるのを待つ必要がありません。

もちろん、書籍として出版する以上内容が伴っていなければ、非難される原因にもなりますので、責任が発生するのは紙媒体でも電子書籍でも変わりがありませんが、自分のやりたいことを自由に形にできるのは大きなメリットですよね。


 

Leave a Reply

Name (required)