小説家になれる ブックスペース

Posted by | Filed under 未分類 | 11月 26, 2013 | No Comments

ブックスペースで小説家デビュー
小説家希望の人でもどうやって小説家になるか、小説家のなり方がわからないことでしょう。よく、テレビで目にする芥川賞の受賞などで作家デビューした人は幸運と言えます。
人目につかず、作家デビューする方法が「ブックスペース」でわかります。小説家のなり方はこちらを見ると良いですよ。

一昔前は紙による書籍であったので、出版するには様々な過程を経なければなりませんでした。ですが、電子書籍の普及で作家デビューは以前とは格段に簡単になりつつあります。
こちらの提供するサービスはそんな電子書籍の特徴をフルに生かし、配信先まで選んで配信しています。今迄の紙の書籍とは比べ物にならないほど、手軽に自費出版できるようになっています。
このサービスを利用すれば、小説だけでなく例えば詩集やコラム集、コミックなどを出版できます。

また、こちらでは主催している「シンデレラプロジェクト」に参加して優秀作品に選ばれると作品プロモーションの手伝いをしてくれます。作家としてデビューを希望している方にはもってこいのチャンスとなります。
出版までのプロセスはわずか3つ。Wordやjpgデータで入稿します。主要ストアであなたの作品を販売。これだけです。
販売時の価格設定や売上金の管理もこちらのサイトからできます。

電子書籍を利用して誰でも作家デビューが可能に

Posted by | Filed under デジタル関連 | 11月 13, 2013 | No Comments

一昔前までは、素人が作家デビューするとなると膨大な費用と手間が必要でした。自費出版だと最低でも300万程度必要でしたし、出版までこぎつけたと言っても本屋に並ぶまでの手間、そしてたとえ本屋に並んだとしても売れるという保証は全くありません。一時期は、自費出版詐欺といったものも流行りましたし、苦労が報われないことも多かったのです。

しかし、電子書籍の普及が進んだことで、一般の人であっても低リスクで作家デビューすることが可能になってきました。電子書籍で出版するメリットは、何といっても低コストであることです。紙媒体に比べてデータのやり取りですから出版にかかる費用はほとんど必要ありません。

そして、もう一つのメリットが電子書籍を見れる環境なら全世界がターゲットになることです。電子書籍の出版をサポートしてくれるサービスを利用すれば、大手の電子書籍販売サイトに掲載されますから、多くの人の目に触れる可能性が高いです。従来の紙媒体の書籍出版のように、ひっそりと本屋の片隅で人々の目に留まるのを待つ必要がありません。

もちろん、書籍として出版する以上内容が伴っていなければ、非難される原因にもなりますので、責任が発生するのは紙媒体でも電子書籍でも変わりがありませんが、自分のやりたいことを自由に形にできるのは大きなメリットですよね。